いつくるか? BMPCC 4K

私のお友達の間では、ここ何日か話題となっているデバイスはリコーの誇るスナップシューター、GRⅢですね。
これは本当によくできたカメラだなぁ、と私も思います。みんな早く買うといいと思うよ(棒

そんな中、私も一つ買い物しました。
動画軸が少ない私の周辺では全く、話題にも上りすらしないこちら。
Blackmagic Pocket Cinema Camera 4K! 

一見して不格好・・・ともいえるこちらのカメラ、まずメーカーからしてBlackmagic・・と、静止画軸からは聞き慣れないメーカーです。
シネマカメラ、という分類に入ります。動画を撮影するためのカメラですね。
一応静止画も撮れますが、800万画素・・・つまり、大体4K分の画素しか積んでない、ということです。
ポケット、と銘打ちながら、どう考えてもポケットには入りません(笑)

その他、AFは期待できない、手ぶれ補正も積んでない、モニタはチルトしない、その他もろもろ、下のレビュー動画でも最初のほうdisりまくりです(笑)

このカメラの最大の特徴は、動画の”RAW”が収録できることにあります。
一般的な一眼カメラでの動画収録ではH264,H265などのコーデックを使った圧縮収録が行われます。そうしないとデータが巨大すぎて収録できません。

BMPCC 4Kは動画専門に特化することで、RAW、もしくは編集を前提とした優れたコーデックであるProResのいずれかで収録できますが、RAWはその名の通り生ですし、ProResも圧縮率は高くなく品質優先のコーデックなので、収録するデータはとにかく巨大になります。
なにしろ、ポータブルSSDに直接録画する仕様をもっているくらいですから・・^^;

突っ込みどころは満載ですが、撮れる画がひたすら綺麗・・・そんなカメラです。
DaVinci resolveを使った、RAW→カラーグレーディングも本格的に勉強したいのと、マウントそのものはマイクロフォーサーズであることから、メイン機であるGH5シリーズとレンズ資産を共用できるので、優等生的動画はGH5に任せて・・という運用ができるのも購入してみた理由の一つです。早く来ないかな・・

さて、ポチはしたんですが、実はこのカメラ、極端な品薄状態が全く解消しておりません。発売以降、”在庫あり”となっているショップを見たことがありません。
なので、RAW動画を処理できるようにPCを変え、Thnerbolt3対応のストレージを入れ、大容量のポータブルSSDを買い、ビデオ機器専用の大容量バッテリーであるVマウントバッテリーをそろえ・・と、カメラをお迎えする前の外堀をすこしずつすこしずつ埋めてきました。
そのうち、品薄も解消するだろうと・・・

2019年3月時点で、ちっとも解消してねえよ(笑)

ということで、いまごろBMPCC 4K本体もポチとした次第なんですが、一体私がRAW動画デビューできるのは何ヶ月先になることであろうか。
作戦ミス。

ちょっとこの先、大きな買い物ができなくなることが決定なので、今のうち買ってしまえ・・ともう一個でかい買い物(それは静止画向け)を画策しているのですが、そちらはまた別途。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。