外山由梨佳写真展「マテリアル」 【 2019.6.4 – 6.9 Roonee 247 finearts 】

日本橋小伝馬町のアートギャラリー、Roonee 247 fineartsにて現在開催中の展示、外山由梨佳写真展「マテリアル」  に行ってきました。作者の外山さんとはもともと面識があり、これまでもグループ展示でその作品は何度も拝見してきているのですが、今回は初の個展開催です。

展示のタイトルはマテリアル。工場から排出される鉄の切り屑をモチーフに制作された作品群です。

たった今まで”マテリアル”だった物体を加工して、マテリアル→プロダクトに変化する過程で削り落とされた何か。
言ってしまえばプロダクトになれなかった廃棄物なんですが、それをのぞき込むとそこにまた別の閉ざされた世界が生まれているようだ、とスクリプトに記されています。
マテリアルから離れたものが、また別の何かを創るマテリアルに・・という連環、もしくはこの世の中に存在している以上そのループから逃れることができないという、息苦しいような閉塞が表現されているように見えました。

一方、この工場の風景がご自身の幼少期の原風景・原体験でもある、とのことなので、もしかするとご自身の意識や考え、心境の表現のメタファーとしてこの被写体を選ばれているのかもしれません。

そして、鑑賞者自身の原体験、という目で作品に相対すると、不思議な曲線や直線を描く鉄屑たちが海に見えたり花に見えたり。
あるいは油を纏ったどこかジメっとしたその存在が、心の奥にしまい込んでいる暗渠のように感じられて行くのです。

外山由梨佳写真展「マテリアル」

Roonee 247 finearts

会期:2019.06.04(TUE)- 2019.06.09(SUN)
12:00-19:00(最終日16:00まで)

今回、展示が行われているギャラリー、Roonee247 fineartsさんは多くの質の高い展示や、額装の提案、額装・アーカイバル用品の販売などを行っておられますが、今回から「ルーニィブックス」という新しいサービスを始められました。これは、展示の作品集を制作するサービスで、作家自身の自己負担を軽減しつつ、小ロットで増刷も簡単にできる形態、とのことです。しかも任意で設定した作家”マージン”は全額キャッシュバック。

詳しくはRooneeのブログ、↓をご覧ください。
ルーニィが写真集、画集の出版と販売をはじめます。
そして、外山さんの展示がその適用第一号となった模様で、会場で販売もされています!
作家が持ち出す必要なる料金、販売方法やマージンの考え方など、ちょっと本当ですか?とびっくりしたんですが、ぜひチェックしてみてください。
Rooneeさんの作家に対する姿勢は本当に素晴らしいな、と感じました。


超かっこいいんですけど。

印刷はDLP、高品質デジタルオンデマンド印刷システムを採用、とのことで、オンデマンドながら印刷品質は高いように感じました。
外山さんの今回の展示は黒が強い作品群ですが、インクが変にマゼンダかぶりしたりもしておらず、グッと締まって印刷されております。

会場で販売中ですのでサンプルご覧になって頂きたいのと、ぜひご購入もご検討ください。私自身も写真作家としての活動があるので、図録、ZINEの類いを購入頂けるのはすごく励みになるのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。